父と母の熟年離婚で家族はバラバラに

父と母が50代で熟年離婚しました。
原因は両親の不仲と、父の浮気。
父が家を出て別居生活は10年以上。
それでも、両親が離婚するとなると大変でした。
母と私、弟、両家親族ももちろん反対。

 

ですが、どうしても離婚したい父は生活費を少しずつ減らしてきました。
当時私は働いていましたが、まだ新卒で給料が多くない状態。
弟に関しては、まだ学生なのでアルバイトだけ。
母は短時間パートしか見付からず、生活するのもギリギリでした。

 

そして、父が再度離婚の条件を話にきました。
実家の権利を母名義にし、慰謝料を払う。
私が結婚する時には、結婚祝いとして支払うという条件でした。
生活に困っていた母は、赤穂の弁護士に相談して離婚に同意しました

 

しかし、両親の離婚がきっかけで残された家族も険悪な雰囲気に。
結局、家族はバラバラになってしまいました。
実家には母が一人、住んでいます。

 

私はその後、夫と出会い幸せな家庭が築けましたが、弟は独身。
父は不倫相手と再婚しましたが、定年後すぐに亡くなりました。
離婚って本当に周りの人を不幸にすると思います。