シングルマザーが生活しやすい生活環境の整備が急がれる

ひと昔前までは女性が離婚する、といえば大変な決断だと思われていたのですが、最近は若い女性が子供を連れて離婚する人も増えています。離婚の準備やその後は大変ですが、役所やNGOなどが窓口となって、シングルマザーに対する生活支援や援助をしてくれるところもあり、女性世帯が生活しやすい環境が整いつつあります。住居もシングルマザーオンリーというところもあり、保証人がなくても入居できるところもあります。また仕事に関しても、女性を積極的に採用する職場として有名な日本マクドナルドでは、短時間から自分の希望に応じた時間だけ働けるといった女性に優しい職場環境を提供している企業も出てきています。唯一問題となっていることは、保育園が不足していることでしょう。子供を預かってもらう場所がない限りは仕事をすることもできず、母親の中には仕方なく未認可で経営している保育園に子供を預ける人もいるようです。今後子連れで通勤できる環境の整った企業が増加することを期待します。