離婚の原因はどういうのがあるか

最近は不倫の話題が多い事もあって離婚をする場合は不倫が原因で離婚になると思っている人もいるかと思います。もちろん、不倫が原因で離婚する人もいます。

ですが、意外と不倫が原因で離婚をするという人は思ったほど多くはないです。
なぜなら、不倫をしたからというだけで離婚をするのはあまりにもお互いのためにならないからです。

確かに不倫をされた側からすれば不倫したパートナーを許せないというのはあります。
ですが、それと実際に離婚をするというのは別の次元の話です。

それよりは1度の不倫は許して自分に頭が上がらないようにした方が良いと考える事が多いです。
では、実際に離婚をする事になる一番の原因は何かというとなんとなくお互いに距離ができてしまったと感じた時です。

普通はそれくらいで離婚をしないように感じますがそれもお互いに一緒にいて不快に感じるようになれば嫌でも離婚をする事になります。つまり離婚の手続きを決意する原因となるのはこれと言って大きな不仲になる原因はなくてもお互いを嫌がるようになった時に離婚をする事になりやすいです。