暴力から逃げるために離婚しました。

私は都内に住む26歳バツイチの女です。子供は1歳の女の子が1人います。昨年、正式に離婚が成立しました。今はシングルマザーとして山形の田舎で子供と2人で生活しています。夫という存在に恐怖を覚えて離婚しました。約1年付き合っていた彼と2年目の記念日に入籍しました。付き合い始めた当初は本当に気を使ってくれて優しい人だったのでした。

 

彼は本当にモテる男で、顔もよく、周りからも「羨ましい」と言われるほどでした。しかし、それが結婚したと同時に徐々に残念な部分が見えてきました。結婚をして時間がたつにつれて口調も、行動も暴力的になりました。以前の彼とは全くの別人のようでした。いわゆる「DV」です。私は夫の暴力から逃れるために子供と一緒に家を出て、シェルターに逃げ込みました。そして、夫と会うことを避けながら弁護士を通じて離婚を成立させました。

 

結婚直後はどこにでもいる仲の良い夫婦でした。まさに「嬉しいことは2倍」「悲しいことは半分」というような明るい家庭で、私は主婦をしてました。私自身も何気ない日常が本当に幸せでした。しかし、私が家事をしながら、時には息抜きとして友人と遊びに行くと「誰と行ってたの?」「男はいたの?」と今まで言わなかったような束縛した言葉を発するようになりました。

 

私は付き合いたてのカップルならまだしも、既に夫婦として家族になっているのにもそんなことを言われてびっくりしました。そして飲みに行ったその現場に男がいると「浮気だ」と言われものすごく怒鳴られるようになりました。「携帯から男のメモリーを全て消せ」と目の前で言われ言う通りにしました。そして女同士で遊んでいたとしても少し帰りが遅いと暴言を吐かれ、時には殴られるようになりました。夫が恐怖に感じ、次第に私は家に籠るようになったころに妊娠が発覚しました。

 

彼は私の妊娠を喜んでくれるときもあれば、「どこの男の子供だ!」と怒鳴られ殴られることもありました。しかし、そんな彼でも私は大好きだったこともあり、別れる選択肢はありませんでした。

 

夫にはほぼ監禁されていた状態だったので、妊娠中もなかなか病院に行けず辛かったです。そして、子供を自宅で1人で産みました。夫はそんな私を放ってパチンコをしていました。

 

子供が産まれてからも夫は私も子供のことも無関心で、むしろ「勝手に知らない男の子供を産むな!」と罵倒され続けました。「このままでは2人とも殺されるかも」と思い、夫が酔っ払って寝静まっている夜中に子供を連れ、何も持たずに家を飛び出しました。

 

その後はシェルターに身を隠しつつ警察に被害届を出し、紹介してくれた弁護士を挟み法的手段で強制的に離婚へ踏み切りました。「大丈夫だからね」と励まされるものの「追いかけてきて殺される」という恐怖が身体に染み付いていたのが本当に辛かったです。

 

その後、私は彼に会うことなく弁護士を通じて離婚調停を進め、最後の署名の時だけ警察の人に守られながら調印しました。
彼は私のことをずっと睨んでいました。
離婚が成立した後は私は子供を連れて私の実家の山形に戻りました。そして、田舎で母と子の2人での生活をはじめました。