GPSを利用し浮気、そして離婚を防ぐ友人

私は30代既婚者ですが、結婚しても結婚する前でも共通して起こりえる不安要素があります。それは「パートナーの浮気」だと思います。結婚する前の恋人の時には「この人が自分にとっての運命の人だと思いたいからこそ浮気はしてほしくない」と思うし結婚してからでも「これから一生ともに歩んでいき、子供に全力で愛情を注いでいけるためにも浮気は絶対にしてはいけないことだと思いますし、それが離婚に繋がると思います。「この人可愛いな」「このひと何だかかっこいいな」という人が仮にいたとしても最低限の接触以外は敢えて自分から避けるようにするなどが夫婦間の見えない礼儀として必要だと思います。そこに信頼関係もうまれてくると思います。関係を構築するためにも、すべきことがあると思います。

先日、友人(女性)と久しぶりに飲んでいたときにこの「夫婦間での浮気の心配」について話が盛り上がりました。彼女は旦那さんに1度浮気をされて酷く落ち込んだものの、結婚すると決めた人だからという理由で一瞬離婚を考えたももののもう1度前を向いていこうと決めたそうです。具体的な離婚の仕方まで姫路の弁護士に相談したそうです。旦那さんが誠心誠意謝罪をしたことで彼女は許したそうなのですが、旦那さんの「もうしない」という一言がどうしてもそのときは信用できず「GPSを持たせる」ということを条件に離婚はしなかったそうです。彼女は「GPSでいつでも夫の行動を監視することが浮気調査にもつながる」と言っていました。私はこれを聞き、「そうさせてしまった旦那さんの浮気が一番悪いけど、GPSで常に監視して常に浮気調査をしている状態を作るという彼女もまたやり過ぎなのではないか」と同じ既婚者として少し思いました。確かに、メディア系が発展してきてGPS装置もアプリとして存在するほど身近なものになってきているのは知ってますが、常に監視しているということは「信頼できていないから」だと思うし、常に監視されている方もストレスがたたまってきます。それでは健康的ではないし、不信感とストレスに包まれて幸せな家庭を築くことも難しいのではないか、と個人的には思いました。

それであればいろいろ考えてしまう気持ちを我慢して相手をもう1度信じること、もう1度同じ過ちを繰り返さないように相手を大切にするなどの見えない気遣いの方がよっぽど大きな信頼感と幸せを作るのではないかなと思いました。私は「浮気」というのが夫婦生活のあるあるだからこそGPSを使わないで相手のことを信じることで浮気対策をしていけたらいいな、とそのときに思いました。当たり前ですが、浮気をしないことで離婚をしない家庭を作っていけると思います。